eboshi_only_final
team team

title

私たちは野球界の常識に楔を打ち込むために誕生しました。

title

それがプロスポーツ界の最前線でアスリートを支え続けてきた私たちの使命であり
ブラックキャップスのミッションでもあります。

  中学野球のクラブチームとしては伝統も実績も、豪華な設備や専用球場もありません。
ただひとつ。私たちが選手に与えられるものは経験です。

長きにわたりプロ野球の第一線で活躍するトップ選手を作り上げてきたノウハウを、
成長途上である子供たちの年齢・体格・筋量に合わせて適正に能力を向上させること。
今だけに終わらない、3年後・5年後・10年後に羽搏くためのメソッドを
少数精鋭の特性を活かし、ひとりひとりに伝えていきます。

故に私たちは野球エリートを必要としません。
肉体、技術、精神。飛躍的に能力の余幅を残している中学生は、
誰しもが大きな可能性を秘めているからです。

今はまだ小さな力でも、やがて力を蓄えて、弱いものが強いものを倒し、
野球界の古い因習や難しい人間関係に縛られずジャイアントキリングを起こす。

そして、野球が元来持っている「礼節」「協調」「感謝」「努力」などの大切さを学びながら、
地域の誇りとなるチームを目指していきます。

茅ヶ崎の象徴である“えぼし岩”のように、
気高い誇りと天に向かって尖った意思が共存するクラブチーム。

茅ヶ崎ブラックキャップス、いよいよ始動。

title title

  • staff

    staff

    監督
    阪口泰佑

    デポルターレクラブ
    パーソナルトレーナー

    9歳から26歳まで野球をプレー。宇部フロンティア大学付属香川高等学校卒業後、オーストラリア、メルボルンへ留学。CARINA REDSOX BASEBALL CLUB (ブリスベン)、PRESTON PIRATE BASEBALL CLUB(メルボル ンサマーリーグ)、NORTH COBURG REBELS BASEBALL CLUB(メル ボルンウィンターリーグ)に所属してプレーを続けた。

  • staff

    staff

    齋藤紀彦

    10歳から18歳まで野球をプレー。中学時代は東京中央ボーイズに所属。その後、東京学館浦安高校に進学し、プレーを続けた。ポジションは捕手、内野、外野。

  • staff

    staff

    田代憲史郎

    6歳から20歳まで14年間、野球をプレー。東福岡高校卒業後、神奈川の社会人クラブに所属し、プレーを続けた。ポジションは内野。

manager

  • manager

    manager

    吉野早紀

    「野球一家」に生まれ育つ。父は地元シニアの監督を勤め、全国大会常連に仕上げ、現在は高校野球監督で甲子園を目指している。母は元ソフトボール部。兄は早稲田大学野球部で大学日本一を経験。実業団としても活躍した。姉は甲子園名門校で栄養管理士をしている。自身はバレーボールで全国大会出場経験を活かし、サポートを務める。

title

  • medical

    medical

    馬見塚尚孝

    ベースボール&スポーツクリニック

    野球医学の専門家であるとともにコーチとして選手育成を行い、かかわった選手は毎年ドラフト会議で指名されている。日本スポーツ協会スポーツドクター、元筑波大学硬式野球部部長、全日本野球協会医科学部会員、日本オリンピック委員会野球医科学部委員、ゼット(株)アドバイザリーメディカルスタッフ。

facilities facilities

  • facilities facilities

    施設・グラウンド協力

    文教大学 湘南キャンパス
    PAL-BALL CLASSIC

  • facilities facilities

    トレーニングジム

    PAL-BALL CLASSIC
    (パルバル クラシック)

experience experience

海掃活動、農作業

partners

partners

株式会社住まいる建設

partners

文教大学

partners

ASICS

Sports Complex

TOKYO BAY